湾奥ルアーフィシング/サバ/カマス

先日は2回戦

17:00に到着

本当はもう1時間早く入りたかったんですけどね。

ポポが気になって、会社を離れられませんでしたw

海を観察しながら、支度します

う〜ん  バチャバチャでわからないな〜

ナブラや鳥山があるとわかりやすいんですけどね〜

先ずはジグをセット

この日も、横風が強いので

鉄板。って思ったけど、好きじゃないから、ジグ

到着すると、空いていたので、かなり斜めにキャスト。

回収時は真正面から回収。

これが重要ですよ〜

ジグは特に巻き抵抗が少ない上に飛ぶのでラインが沢山出ます。

これがヨットの帆に成って、スルスル動いちゃうし、いつも通り動かしちゃうと、とんでも無く動き過ぎてるんですよ〜

これを、イメージ出来るかどうかで、大差が出ちゃいます。

流しが出来る人は、この辺、容易に出来ると思いますけどね。

ドリフトはUターン。って、レベルの人には難しいかも。

あくまでもイメージの中で良いので、自分のルアーをどういう動きで、どのレンジに居るか。を想像してください。

そこから、少しずつ変化をねw

やってると、微かな違和感

違和感も、色々あるんですけど、この時は、ラインスラッグを出さない様なのでシャクリをしてたのに、スラッグが出たような感覚が。

ワインドや、ジャーク、バイブのダートをやる人は分かるかな?

文字にすると、僕には難しいんですけど、書いてみますね

ワインド、ジャーク、ダートはゼロテンションでは無いんですよね。

マイナステンション。と書けば良いのかな?ラインを、逆に送って、たるませてから張る。

この時に、伝わって来るルアーの重さ。

う〜ん、難しい

動かない物に紐を結び、たるませてから引っ張るとビンッってなる感じかな。

遠回りになりましたが、スラッグを出さないで居たのに出てる様な感じがしたので。違和感とした。って事です。

無風ならばバイトを感じたかもしれませんねw

でも、これこそがヒント。

その違和感を、どうするか?って考えて。

今までのイメージよりも、どうするかを考えるために、始めのイメージがスタンダードになって来るんです。

イメージと現実がどんなにズレて居ても構わないと思いますよ。時期にズレが少なくなりますから。

大事なのは、バイトが有ったって事は答えが近い。って思う事です。

乗らないバイトは、何かが近いので考えましょう。

で、僕の釣りに戻ると。

ゆっくり過ぎて、見切られたかな?って思い、早くしましたがだめ。

レンジは50cm位と分かってたので、そこをゆっくり、ただ巻きもだめ。

そのレンジをシャクリ幅を少なくしながらも、成るべくキープ出来る様にテンションを張る

イメージでは、ツンツンして、気を引き、ステイで喰わせる。です

それで来たのは、サバでしたw

まあ、分かってましたけどね、

バイトがあって、釣れるとそっちにターゲットが代わってしまうルアーマンあるある発動。

結果、18:00に納竿しましたが、

サバ7

カマス2

1時間の釣果なら良いですよね。とても楽しめました。

カマスは見ての通りスレです。

前日と一緒。

バケを食いに来てるんでしょうけどね。

喰わせるポイントを作ってるのでこうなるんだと思います。

って、釣ったら何でも言える説w

あ〜

青物来ないかな〜

闇雲にやるんじゃなくて、イメージしましょう。って話でした〜w

投稿者: hideki koimaru

レディースファッション卸とルアーフィッシング 最近では、問屋街を周知してもらうべく、近所の問屋紹介もし始めました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。