豊洲仲卸業者の小売/問屋の一般開放

先日、NHKで仲卸業者が小売りをはじめてコロナの窮地を凌いで居ると放送してました。

 

本当に大変なのだと思います。

 

苦肉の策だと思います。

 

凄く響いたのが、仲卸も大変ですが漁師の事を思うと。って

 

流石です!

 

豊洲近辺の鮮魚店は痛手を負う可能性はありますが、最近魚屋さんも見ないですからね。

 

スーパーの魚は豊洲市場通してないだろうし。

 

ここの所思ってる事があって、日本企業っていっても、海外生産してたりして日本のお金が海外に流れちゃってるな~って

 

ちょっとズレるけど愛国心の低下もあるんじゃないかって

 

安いからって海外製の物に喜び飛びつく人が多い気がします。

 

仕方のないことですし、それを非難するつもりはありませんが、その行動で悲しんでる日本人が出る事だけ知ってもらいたいです。

 

ある時、家族で新潟の寺泊に行きました。

 

せっかくなので地場の海産物を買って帰ろうと思ったのですが、タイミングなのか佐渡の甘エビのみでした。

 

ノルウェーのサーモンとか、シベリアのカニとか、北海道の帆立とか。

 

寺泊から捕りに行ってるのならいいですけどね。

 

消費者の僕にはわかりません。

 

結局買って帰ったのは甘えびと柔らかいスルメだけでした。

 

そこがメインではなかったのが幸いでした。

 

お昼にサーモンの海鮮丼を食べたのですがおいしかったですよw

 

でも、東京でも買えるし食べれますからね。

 

僕は庶民なのでお金を使うなら活きた使い方をしたいなって思ってます。

 

お土産を買う時も一応産地を見ます。

 

地方にいって買ったお土産が産地東京だったらガッカリしますからねw

 

またまたそれますが、東京と言うワードが出たのでついでに。

 

東京に居るとほとんどの物が買えてしまいます。

 

北海道の帆立から、石垣島のマンゴーまで。

 

ラーメン屋も有名だとディベロッパーが呼んだりするので食べられます。

 

なので地方に言ったら東京で手に入る物にお金を出したくないんですよね~

 

何と無くわかってもらえますか?

 

その土地にお金を落としたいんですよ。

 

なので地方に行って、間違ってもハンバーガーチェーンや牛丼チェーンでは食べません。

 

これが僕の思う活きたお金の使い方と思ってます。

 

今回もソフトバンクの孫さんは偉いし上手いですよね。

 

災害の時もそうでしたが、僕にお金があったら、ああいう使い方したいとおもいました。

 

みんなの為になりながら自社の広告にもなる。

 

って、腹黒い考えを持ってたら出来ないと思いますけどw

 

昔、「ドリルを売るなら穴を売れ」

 

って、本を読みました

 

エンドユーザー無しに商い無し。

 

今回の題名とは真逆ですが、同じ日本人で、命をかけて取って来た物に価値が付かないのがたまらなかったのだと思います。

 

タブーとされる小売りをして非難もあったでしょう。

 

裁けないから取らなくていい。って言ったら漁師は稼ぎが無くなります。

 

魚を食べる人、つまりターゲットである人、人口が激減したわけでは無いので、マーケットが無くなったわけではないのです。

 

異論はあると思いますが、今回の豊洲市場の行動を僕は支持しますね。

 

 

ようやく、東京も緊急事態が解除されます。

 

マンボウは続くでしょう。

 

皆さんも節度をもって感染防止に努めながらも活きたお金を使ってもらいたいと願ってます。

 

 

さーて、今日僕は同じ日本人の為に何が出来るかな~?

 

祭り用品店も大変だから、手拭いは鯉口でも新調しようかな~w

 

ではでは

投稿者: hideki koimaru

レディースファッション卸とルアーフィッシング 最近では、問屋街を周知してもらうべく、近所の問屋紹介もし始めました

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。