プチリニューアル プチリフォーム 売り場見直し

イベント その他
完成しました~

 

プチリニューアル

 

賛否はあると思いますが今迄の問屋セオリーの反対をやってみました。

 

売り物ではないものを売り場に置き、お金を産まない壁を見せる!

 

空間を意識したかったのですが、サブメニューにお客様の腰掛けが欲しかったのです。

 

クレッシェンドの会計は手書きの為少し手間取ります。

 

その間に、店内を見ててもらうのですが、それで追加もいただけます。

 

その時間を失うことにもなりますが、腰を掛け違う視点から見た商品が良くも見え追加に繋がります。

 

先日は一人の方で2回の追加にw

 

これはこれでありかもしれませんよ。

 

簡単に解説させてもらいますね

今回もスタッフの旦那さんに大変お世話になっちゃいました、

 

こちらの机も手作りで、わざとチープ感が出るように塗ってからペーパー掛けたらしいです。

 

腰掛けが欲しかったので、椅子を置いておけば済む話なのですが、デザインの見極めの為に試着することもあります。

 

その時にバッグを置いてもらいたくて机を作って貰いました。

 

そして、赤色が欲しかったので、赤い物をw

 

格好つけて英字新聞を探したのですが、簡単には探せなかったのでこちらをw

そして、腰掛けついでに身だしなみチェックをしてもらいたく鏡も旦那さんに作って貰いました。

 

100均の鏡をバラして古い戸枠を使ったって言ってましたね。

 

センスいいっす。

 

そして、こちらの植物は、問屋仲間のmodestさんから頂いちゃいました。こちらも感謝です。

 

壁に貼ってあるテキスタイルは、スタッフの先輩の裏地屋さんに頼んで、残布で処分するものを頂き、壁よりも暗いものを選んで奥行を演出。

ストックを置いて置いた棚のストックは天然素材のバケットに入れて隠しました。

 

お陰でストックを探すのに手間になりましたが、スッキリ見た目が良いので、このままいきます。

 

当初の予定だと、この棚もチープな水色かピンク色にする予定でしたが、同じトーンの生地を壁に貼ったら統一感が出たので、塗るのを辞めました。

 

塗るのはいつでもできますからねw

そして、「店内は白く明るく」をやめて、陰影を大事に

 

蛍光灯を消してます。

 

先日いらした方で、「色を見たいから外で見てもいいですか?」って。

 

当然想定してましたので。「構いませんよ」って答えました。

 

戻られてから、理由を説明して蛍光灯をつけましたけどね。

 

そして、スポットの当たらない所にスタッフがランプを買ってきてくれました。

 

白い灯りとオレンジの灯りがあったらしいですが、オレンジを選んだとの事。さすがですね。

 

陰影を利用することによって、錯覚的に奥行きが生まれました。

 

蛍光灯を点けると全てが白くなって能面になっちゃうんですよね。

 

見にくい時は何時でも言ってください、直ぐに点けますから。

と、ザックリコンセプトを話しましたがどうでしょうか?

 

こんな、無駄なお店があってもいいんじゃないかって思ってます。

 

バイヤー様は時間のないところで動いてるのも知っています。

 

僕も以前、神戸と大阪を日帰りでバイイングしてました。

 

一日で数千万つけなければいけません。

 

朝一で神戸空港-三ノ宮で数社、そこから大阪-本町数社、岸和田数社、関空から羽田で帰ってました。

 

お昼食べてる時間は無かったですね。

 

その時は、壁一面に全商品が掛かってればどんなに早いかな~って思ってたのですが。それの真逆を行ってます。

 

効率を上げなければ行けない時代に戻ったら、考えるかもしれませんけどねw

 

 

後は床だけなんだよな~

 

稼げるようにならないと買えないかな~

 

床はコンパネ使うわけにいかないですからね~

 

ボロボロになっちゃうw

 

手作りショップが気になったら見に来てくだっさいね

コメント

タイトルとURLをコピーしました